<   2005年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

映画撮影3日目

さて、昨日は撮影3日目だった。
レセプションでスナイパー(アサシン?)、がプライミニスターを狙って撃つ、という場面。
10時に集合。でも散々待って午後になってから、撮影開始。
まず私とナイジェリア人(彼の本業はフットボーラー)が、ドリンクやチョコレートをウェイターからもらう場面を撮影。
その後、火薬を仕掛けてプライミニスターが撃たれ、みんなで「きゃぁ~~~」と逃げる場面の撮影。
ローバジェット映画らしく、火薬を仕掛けての撮影は一度のみ。
リハーサルで「きゃぁ~~~」バタバタバタとやっていたら、ホテルの客室にいる人達がみんなベランダに出てきてしまった。
プライミニスターは私の横後ろに立っている時に撃たれて倒れるので、結構タイミングがエキストラなりに難しくて緊張してりして。(笑)
それから今度は色々な角度からみんなが逃げるところを撮り・・・。
ハイヒールで走り回ってしまった。
「きゃ~~~」って逃げるんだけど、おかしくて顔は笑ってしまうし・・・。(笑)

でも無事に撮り終わって、今日で私達エキストラのお仕事は終わり。

この島ではいくつかハリウッド映画の撮影も行われている。
昔の映画だったら「ミッドナイト・トレイン」、最近の物だと「トロイ」や「グラディエイター」などがある。だから、実はエキストラ経験がある人はかなり多い。
セレブ目撃率も結構高い。
でも最近この島は映画撮影の費用を上げようと試みたらしくて、しばらくここでハリウッド映画撮影は行われないことになってしまったらしい・・・。
(お天気と英語圏と安いってことが良かったんだろうに・・・)

とりあえず、マルタ人によるマルタ語の映画だなんて、映画館で見ようにもわからなくてどうしよう・・・って感じだけど、どうなるのかちょっと楽しみ。
もしうまくいったら海外にも出すらしい。(って、ホントかっ!?笑)
その場合はこの国から移住している人が多いオーストラリアとかカナダかなぁ。
なんにせよ、自分がかかわったものていうのは、出来上がりが楽しみなものですね。
[PR]
by saho1971 | 2005-02-27 22:02 | Language&Work

映画撮影第2日

b0010048_426772.jpg

今日は撮影2日目だった。集合は朝8時半。
撮影場所は前回と同じヒルトンホテル。
うちから5分でここのジムに通っている私には、ファミリアな場所で気が楽。

さて、メイクをしてもらってから待つこと3時間・・・・。とにかく待ち時間が長い。
それから外でまずドリンク(色付水)を持って、レセプションパーティーの場面の撮影。
3人ほどのグループに分けられて、主役キャラクターの2人が私ともう2人が話している横を通る。
それからウエイターが彼らにドリンクを渡し、私にも渡す(他のエキストラはすでにドリンクを持っている)という場面。
それを撮ったら、また待つこと2時間・・・・。
この間、なーんも食べ物もなし!(信じられん・・・。)
その後、しばらくしてやっとまたまレセプションの様子の続きを撮影。
”プライミニスター”がみんなの間を歩き、握手をしてちょっと話して、という場面。
これが、またOKが出るまで、長い長い。
おなかはすいてるし、喉は渇いたし、晴れちゃって暑いし、まぶしいしで・・・。
やっと終わったのは午後5時!
とにかくおなかがすいちゃっていて、カフェに直行してしまった。

で、やっとこれが何に使われるのかわかった。
この国のTVシリーズで人気刑事物みたいなのがあったらしく、それの映画版なんだそう。
マルタで作るマルタ語の映画なんて、史上初めてなんじゃないかな。
前回タキシードを着た男性2人がいて「なんでタキシードなんだろう?大げさだなぁ。間違えたのかな?」なんて思ってたんだけど、実はこの2人が主役キャラクターの刑事だかSPだかの役なんだそうだ。
それからマルタのユーロビジョンソングコンテスト(知る人ぞ知る!)出場者を決める番組の司会などをしている女の子もメインのキャラらしい。彼らって一応マルタのセレブ!?
しかし、なんと言ってもこの国のテレビ番組ってちょっとびっくり & 大爆笑するくらいすごいからなぁ・・・。
これが一体大画面でどうなるのか・・・ある意味期待で胸膨らむ・・・。

明日は殺人(シューティング!この国で!ありえない・・)が起こる場面の撮影。
お肌の為に早く寝なくちゃだわっ!?
女優って大変!(「だから、エキストラだって・・・」っていうMy彼の声が・・・・)
[PR]
by saho1971 | 2005-02-26 04:43 | Language&Work

コンタクトレンズ・・・・

かなり前に「ケチャップが買えない」を書いたけれど・・・
今度は「コンタクトが買えない!!」。

まず、めがね屋さんに行ったのが先週の金曜日。
オプティシャンのアポが取れるのは今週の火曜日の午後だと言われ。
でも火曜日は
「撮影」(笑)が入ってしまったので、キャンセルせざるをえず。
でも次のアポは金曜日の午前中。(そこは週に2回しかオプティシャンが来ないらしい)
でも金曜日の午前中はまた「撮影」。
次の火曜日まで待つのも馬鹿らしいし仕方がないので、イエローページで違うオプティシャンを探してアポを取る事に。
最初に電話したところがラッキーにもその日(水曜日)に取れたので指定時間に行ってみると・・・
「乱視があるからここじゃ検査できない。明日午前中にココに来てくれ」と違う場所を言われ・・・。Sigh。
やっぱり。スムースにいかないのは覚悟していたけれど・・・。

で、今日の午前中バスに揺られて指定場所へ。
ふる~い感じの部屋と設備にびっくり・・・。
とりあえず、視力を計ってもらい、プレスクリプションを出してもらう。
それから今度はめがね屋さんに行って、オーダー。
ところが、「ハードレンズで乱視が強いから特別オーダーしないといけないわね。
多分4週間から6週間かかるわ。」だって!!
この国で4~6週間ってことは、6~8週間ってわけで。
信じられない!!!!コンタクトを作るのに2ヶ月!?
あまりにびっくりして「聞いたことない!!」って叫んでしまった。
めがね屋さん、”エージェンシー”に電話して確認を取ろうとするんだけど、これがまた全然出ない。
おまけにコンタクトを扱う”エージェンシー”はマルタでそこ一箇所なんだそう!
全然電話に出なくて「ランチブレイクかもね」って。「じゃ、今日の午後くる」って言ったら、「エージェンシーは午後にしまっちゃうから・・・」。
じゃ、なんでランチブレイクなんて取ってるんだ?それも12時前に!!??
へなへなへな。
結局わかり次第連絡してくれる事になったんだけれど・・・はぁ~・・・。

コンタクト一つ作るにしても、ロンドンや日本ののようにすぐ・・・ってわけに行かないのがメディトレニアン・ライフ。
イライラしちゃいけないとは思ってさも、さすがに6週間はないでしょう!?
あっち行ったりこっち行ったりで、友達とのランチの約束にも遅れちゃうしイライラモードも沸点に達しそうだった・・・。

明日か明後日までわからないなと諦めてたところ、午後電話があった。
結局、多分2から3週間かかるだろうとのこと。
まぁ、まだ6週間よりはマシか・・・。(もう、そのレベル)

それから、また夕方めがね屋に戻ってデポジットを払い・・・・。
はぁ、なんだかすっかり疲れてしまった。
とにかく、無事に早く届きますように!!

さて話は変わって、ここではサングラスはファッションだけでなくまさに必需品。
目が悪くて弱い私は2月の今で既にまぶしくて仕方がない状態。
サングラスと帽子がほとんど1年中手放せない。
既にいくつか持っているけれど、サングラスって手軽にトレンド気分を味わえるので毎年この季節には新しい物が欲しくなる。
が、試そうにもコンタクトをしていないと、鏡を見てもサングラスをしている自分が見えない・・・。
今日の午後めがね屋に戻った時はお友達と一緒だったので、色々試してデジカメで撮ってもらっちゃった。
今の気分はちょっと大きめのセレブっぽいもの。広範囲カバーするので実用的でもあるし。
6、7種類試したので、これからじっくり検討するつもり。
(また2つくらい買っちゃいそう!)
でもめがねじゃサングラスかけられないでしょう。
まぶしいし、早くコンタクトが欲しい~!!!!
b0010048_353021.jpg

[PR]
by saho1971 | 2005-02-25 03:15 | Life abroad

地中海で銀幕デビュー (??)

今朝、お天気もいいしご機嫌でヨガへ行く途中、知らない番号から電話がかかてきた。
去年「某クイズ番組」の撮影の時に一緒に仕事をした現地のプロダクション会社の人からだった。めずらしい。
なんでもしばらく連絡を取ろうと私の携帯の番号を必死で探していたらしい。
用件は「今日フィルムの撮影があるから来て欲しい」って。
場所はジムに通っているヒルトンホテル。
ヨガも同じ場所で、そういえばいい車が沢山並んでいるしカメラも設置していると思った。
良くわからないけど、面白そうなのでOKすることに。

さて、その「フィルム」とは・・・。
「麻薬撲滅の為の国際コンファレンス」の様子の撮影でした。
「各国代表」が車で乗り付けて、レセプションや会議をする・・・っていうストーリーらしい。
15人ぐらい「代表」がいて・・・で、私は「日本代表」だって!!(爆)
どう見ても「日本を代表して会議にきた」って感じじゃないよ、私。
でもとりあえず、OKしちゃったのでやるしかない。
今日撮ったのは会議の様子。
座ってスピーチを聞いているところ、映像を見ているところ、コンピューターでの投票の様子・・・などなど。
東洋人は珍しい(というか、一人だけ・・・)なのでシングルでのショットもかなり撮られて。
おまけに「演技」までしなくちゃいけなくて!はずかし~。
夕方5時に行って、撮影が終わったのは夜11時半。
おなかが空いて空いてしょうがなかった。

金曜日にまたレセプションの様子を撮影するらしい。

なんでもこの「フィルム」は4月から映画館で使うそう。
(映画の一部なのか、それとも「麻薬撲滅」みたいな宣伝なのか・・・??)
ってことは、私もとうとう地中海で”銀幕デビュー”!?な~んて。(笑)
実際はどのくらい使われるかわからないけれど、ちょっと楽しみ。

ただ、今コンタクトをなくしちゃってめがねなので、めがねで撮影。
これじゃ、私だって誰もわからないかも・・・。
いや、この狭い国じゃ私だってわかられない方がいいのかも・・・・。
・・・などと余計な心配をしたりしています。
[PR]
by saho1971 | 2005-02-23 09:06 | Language&Work

Vallettaお散歩- Old bakery Street


今日は久しぶりに1日中お天気が良くて暖かかった。
こういうお天気だと海も空も綺麗でお散歩も楽しい。
ヴァレッタに行く用事があったので、丁度そこにいたお友達と合流してランチをする事に。
前から行きたかったレストランへ行ってみると・・・お休み・・・がっくり。
でも近くで良さそうなところを見つけて入ってみたら正解。
お店の雰囲気はイギリスのパブ風で、近所の会社勤めらしいピシッとした格好の人達(この国では珍しい・・・)で溢れていた。
私はアーティチョークのペンネをオーダー。
おいしかった。

それから、冷やかしに入ったお店でピンクのジャケットを衝動買い。
これからの季節にいいかな・・・と言い訳。

写真はヴァレッタの中でも古い建物が残っているOld bakery Street。
こうしてみると、ヴァレッタの街は坂が多いのがわかる。
道は碁盤の目状に左右上下、まっすぐにのびている。
b0010048_6301059.jpg

建物はこんな感じ。
目をひく緑や白のバルコニーは「ギャラリエ」と言い、スペイン出身のヨハネ騎士団の騎士によってもたらされたそう。
かつて女性はあまり外に出られなかったので、このバルコニーに座って外を眺めていたそう。
男性も外から見上げて「あの素敵な女性は・・・?」なんて見初めたり・・・していたそうだ。
b0010048_6315377.jpg


おまけの写真。
これは現在もある聖ヨハネ騎士団の大使館。
一度入ってみたいんだけど・・・今のところまだチャンスなし。
b0010048_6342359.jpg
[PR]
by saho1971 | 2005-02-22 06:36 | Mediterranean

ぽかぽか~

b0010048_0112015.jpg

お天気がおかしいとは言っても、晴れればぽかぽか。
ベンチに座って日向ぼっこ。
[PR]
by saho1971 | 2005-02-21 00:12 | Mediterranean

地中海で凍える・・・・

b0010048_18204648.jpg
本当にお天気がおかしい!!
このところ毎日、晴天→不穏な黒雲→大雨か雹→晴天→不穏な黒雲→大雨か雹→・・・を繰り返している。さらにこれに暴風が加わる事も。
確かに2月10日は聖ポールの船が難破した頃だから、毎年荒れるそうだけど・・。
それにしてもこんなに何日も続くなんて滅多にないことらしい。
それに寒い!
去年は一度も着なかった、「ここじゃ絶対着ないだろうなぁ」と思っていたコートを毎日着ている。家の中でも”ホッカイロ”愛用中。
マルタ人はみんなこんなに雹が降るのにびっくり。
13歳の女の子は「人生で初めて”雪みたいなの”を見た」って言っていた。
なんでもこれは25年ぶりだかの寒さだそう。
(人によっては40年ぶりって言っていた。)
どうしちゃったの~?

でも晴れるといきなり太陽が眩しい・・・。
傘と帽子と手袋とサングラスを持ちまわる毎日。
早く暖かくなて欲しい~。

雹が積もって雪みたいになっていたので写真まで撮っちゃった。
b0010048_1824242.jpg

[PR]
by saho1971 | 2005-02-18 18:27 | Mediterranean

ラザニア

b0010048_18304960.jpg
牛ひき肉を冷凍してあるのを思い出したので、ラザニアを作ってみた。(大量に)
いつもはトマトソースだけだけど、ベシャメルソースも作って。
ラザニアの生地は普通のものとほうれん草のものを交互にひいて。
はい、できあがり。
簡単、簡単。

ベシャメルソースを作る手間をかけるだけで格段においしい~。
うれしい~。
[PR]
by saho1971 | 2005-02-17 18:33 | Foods&Cooking

由緒ある「CASINO MALTESE」とは・・・

今回の仕事ではちょっと面白いところへ行った。
CASINO MALTESEという上流階級の社交クラブと言った感じのところ。
(カジノはカジノでも賭博場ではありません。)
もとは16世紀にヨハネ騎士団によって作られた建物で、イギリス統治下の時代に貴族(男性)の社交クラブになったところだそう。
現在も会員は大統領や有権者に限られている。
普段は会員以外入れない場所なので役得。
ここでディナーをいただきました。
ディナー自体はまぁまぁ。デザートはおいしかった。

ここには1921年4月25日に昭和天皇が皇太子の頃訪れていらっしゃいます。
日本の皇室で初めてヨーロッパをご訪問された際に、マルタに寄られてこの場所で昼食を会員85名と共に召し上がったそう。
1949年にはイギリスのエリザベス女王もいらしています。

ロビーはこんな感じ。
b0010048_2035243.jpg


皇太子(後の昭和天皇)がクラブに贈られた壷と直筆のお名前が入ったお写真。
それから新聞記事(これは最近のもの)。
つぼは素晴らしいのに、かけたりしているのでびっくり!!
この国の人には価値がわからなかったのでしょうか。
タオルに包んでその辺にしまってあるそうだけど…。
b0010048_2044115.jpg

b0010048_205485.jpg
皇太子がいらした時の記念碑。
階段を上って正面がエリザベス女王、その左手にあります。









集合写真も。
真ん中に当時19歳の皇太子がいらっしゃいます。
b0010048_20125050.jpg

[PR]
by saho1971 | 2005-02-16 20:16 | Mediterranean

聖ヨハネ騎士団の見張り塔

首都ヴァレッタを臨む聖ヨハネ騎士団によってつくられた見張り塔。
見張り塔はいくつもあるけれど、装飾がされているのはここ「セングリア」だけ。
良く見る目、聞く耳、そして眠る時も片足を上げて石を持ち熟睡しない(熟睡すると石が落ちて目がさめる)と、昔から見張りのシンボルにされているフラミンゴ(一説によっては鶴)。

マルタにはグランドハーバーという地中海最大の自然の湾がある。
ロードス島を追われて行き場がなくなり、マルタを与えられた聖ヨハネ騎士団。
このヨーロッパから離れた小さな何もない島に行きたくなかった騎士団だけれど、巨大な自然のハーバーは魅力だったそうだ。
1年に1羽の鷹がマルタ島の貸し出し料として騎士団に科されたそう。
b0010048_1172435.jpg


塔の中からヴァレッタを眺めると・・・。
b0010048_1175962.jpg


バレンタインは前から行きたかったレストランにサプライズで連れていってもらえました♪
それとボディケアのセットを一式&ベルジャンチョコレート1箱。
私はマキシムのハートの缶に入ったチョコレートとドルガバのベルトをプレゼント。
レストラン、素敵だったんだけどカメラを持っていかなかったので撮れず・・・。
おいしくて楽しい夜でした。
[PR]
by saho1971 | 2005-02-15 01:19 | Mediterranean