<   2004年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

友達が入院・・・

幼馴染から「子宮筋腫になって、明日から手術の為に入院します~」と言うメールが入った。
妙に明るいメールなんだけど、入院と手術という文字にびっくり。
さっそくネットで調べてみたら、それほど大変な事ではないようなので少しホッとしたけれど。

今はどうか知らないけれど、昔アメリカにFREEで行けるクリニックのようなところがあった。
イギリスのGPとはちょっと違って、子宮ガンから性病からHIVポジティブかどうかまで、まぁ、そういう関係を見てくれるところで、ピルも配っていたりした。
学生や低所得層が行っていたんだと思うんだけど。

で、ちょっとおなかが痛かった時に、なぜか病院へ行かないでそのクリニックへ行った事がある。
別に何でもなかったが、黒人のおばちゃんナースが「ボーイフレンドが変わったり、(!!)そうじゃなくても1年に1度は検査するのよ」と言われた事をよく覚えている。
きっと彼女には10代前半に見えるような小娘で、英語もつたないし、妊娠→中絶→病気・・・なんて事になったら、と心配してくれたんだと思う。
その時の私はなんだか妙に納得でそれ以来別に不安はなくても1、2年に一度は諸々検査するようにしている。
「知らない男とはちゃんと使う物使いなさいよ!!」とか、色々教育してくれたあのおばちゃん、感謝してます・・・。

子宮筋腫の話。
子宮筋腫は最近他の友達も3、4人言っていて、みんな手術したり様子を見たり・・・。
年齢も20代後半から40代と様々。
最近雑誌などでもよく見るけれど、増えてきているって事?
単に私がそういう年齢になったってだけなのかしら?
とにかく、またそろそろ検査しなくちゃと思い出した。
友達、早く退院できるといいんだけど・・・。
[PR]
by saho1971 | 2004-09-30 08:23 | Thoughts

満月、レアルVSローマ、溺れる魚・・・

b0010048_6411814.jpg

今日は夕方My彼のオフィスへ行って一緒に歩いて帰ってきた。
月が美しかった!!
海から少し上がったばかりで、海面に光が反射していて・・・・。
月のパワーを歩きながら吸収した。
写真はリビングルームからの満月。

で、夜は月の光を浴びて瞑想・・・と言いたいところだが、フットボール(レアルマドリッドVSローマ)見ちゃった。
ラテン系男子(濃い系)に全く興味がない私だったが、「やっぱりラテンてカッコイイ人多いかも・・・」と思ってしまったり。レアルもローマもいい男が多いから、ベッカムが普通に見える。
外見だけじゃなくて、ジダンみたいな職人にも惹かれるし・・・。う~ん、選べない~~。
でも近くにいて欲しい顔はやっぱり薄系かなぁ・・・などと全くフットボールと関係ない事を考えていたら、90分過ぎちゃった。結果は4:2でレアルの勝ち。

昼間は日本の映画、「溺れる魚」を友達と見た。
途中、中だるみっぽくて展開にちょっと疑問だったけれど、まぁそれなりに楽しめた。
友達も久しぶりに日本の映画で楽しかったみたい。
この、「久しぶりに見る」っていうのがいいのか。
椎名桔平って昔からカッコイイと思っているんだけど。
窪塚洋介と言う俳優さんは初めて動いているところを見た。
昔、叶姉妹と旅行に行ったって記事をどこかで読んだなぁ。最近怪我した話もあったしで、名前だけは知っていたんだけど。やっと顔がイッチ。それにしても細~~い!
世界のケン ワタナベも出ちゃってるじゃないか。
しかし、なんだか、さりげなくめちゃめちゃバイオレントな映画。
ちょっとタランティーノ狙ってる?
[PR]
by saho1971 | 2004-09-29 07:04 | Movies & Books

外国暮らし その7 (自分の身は自分で守る)

友達がお財布、デジカメ、携帯電話、部屋の鍵、クレジットカードなど一式盗まれた。
なんでも飲みに行ってかなり酔っていたらしく、自分に落ち度がないわけではない・・・と言っていたけれど、やっぱり相当落ち込んだみたいで気の毒。
とりあえず、パスポートは家だったし、現金はそれほど入っていなかったのが救い。

この国は基本的に安全な国だ。
ボストンやロンドンに居た頃は地下鉄でも街でも自分の後ろや持ち物に気をつけていたし、夜道の一人歩きもしないようにしていた。タクシーに乗る際にも相当警戒していた。
さすがにこの国もたまにはスリぐらいはあるって話は聞いていたけれど、夜中の3時に女の子がピラピラした格好で一人で歩いていたりして、そういうのを見るにつけ「安全なんだなぁ~」と思っていた。

でも残念な事に確実に犯罪率は伸びているみたい。
もちろん殺人なんて大事じゃなくて、スリやドラッグ、空き巣、など。
この半年ぐらいで、携帯電話を取られたとか、空き巣に入られたとかかなり聞いた。
一度私達のすぐ近くでイギリス人の家族(老夫婦と娘さん)が、引ったくりにあった事があった。
丁度私達は舗装道路からの階段を降りていく海辺に居たけれど、イギリス人家族が下に下りようかと階段の前でちょっと止まったすきに、ひったくりにあったらしい。
犯人は地理がわかっているらしく、人気がない方に一目散に逃げていて、私達が悲鳴を聞いて階段を駆け上った時には既に遠く・・・。
ロンドンでも白昼堂々とこんなに近くでひったくりを見た事がなかったので、ショックだった。
おまけに「安全」と言われている国なのに。

これを現地の人に言うと「外国人のせいだ」と言う。
まぁ、確かに恐ろしいくらいにみんながみんな知り合いの国、なかなか地元で悪い事は出来ない。うちの近くでも常に近所のおばさん達が外に座っているので、見かけない人間の噂はすぐ広まる。
彼らにしてみれば、外国人が増えてお金も落としてくれるけれど街はよごれるし、酔っ払いはいるし、犯罪は増えたしで落ち着かないんだろうと思う。
でも短期滞在の観光客に目をつけた現地の人の犯罪も増えていると思うんだけれど・・・。

悲しいけれど、いまや「全く安全」なんて国はないんだろうなぁ。
この国、英語学校があるので最近は日本人学生も増えているそうだ。
斡旋する側は「安全」って事を売りの一つにしているみたい。
確かに他の国や都市に比べて安全度は高いかも。だからって全く気をつけなくて言い訳ではないわけで。
「安全だって言われたから」と安心している人が多くて、そういう人の行動にびっくるする事がある。
どこに居ても、自分の身は自分で守るって事だけは考えておいた方がいいと思う・・・。
[PR]
by saho1971 | 2004-09-28 01:25 | Life abroad

久々の日本のドラマ!

b0010048_1124357.jpg
昨日も雨が降って、また少し気温が下がった気がする。
今日は晴れているけれど、心なしか太陽も弱いような。
風は強いけれど空気が澄んでいる。
日も短くなってきたし街も空いていて、さすがに秋の気配。
でも、まだ海で泳いでいる人もいる。

さて、ほとんど日本のドラマを見る機会がない私なのだが・・・
友達がぼくの魔法使いのDVDを貸してくれた。
全く内容を知らずに見始めたら・・・。

た、楽しいじゃん・・・お、面白いじゃん・・・。(ドラマの影響受けちゃった)
最初テンションの高さとノリについていけなくて、「な、なんじゃこりゃぁ?」と思ったけれど、
2話から止まらなくなって、たて続けに4話まで見てしまった。

日本の芸能界情報ってほとんど知らないので、反応がちょっと普通と違うかも。
小田茜ってもうすっかり大人だ~。
小倉久寛、変わらないなぁ~。
西村雅彦はこういうの出てるんだ~。
井川遥ってこの人か~。
とか・・・。
そういえば、この間お仕事した、女優さんは井川遥と同じ事務所だって言っていた。
確かに顔と雰囲気が似た系統だ。
主役の伊藤英明って、My彼の同僚の男の子(デンマーク人)に似ている・・・。

で、字幕が中国語なの。なぜか。(これ、やばいDVDなのかなぁ・・・!?)
漢字だからいちいち読んでしまう。
「ほ~、こう書くのか」とか思ったり、明らかに訳者の間違いもあったりで面白い。

たまに見る日本のドラマって新鮮で楽しい!
[PR]
by saho1971 | 2004-09-27 01:24 | Movies & Books

外国暮らし その6 (庭工事始まる・・・)

なんだか庭がすごい事になっている。
大家が先週の木曜日に突然来て「噴水を作ってライトアップするから週末工事が入る」って・・・。
「はっ!?ふ、噴水って何ですか・・・?ライトアップだぁ~?」・・・。

うちの大家はゲイのインテリアデザイナー、趣味はとても良い。
このフラットは幾つか見た物件の中で、ダントツにインテリアが良かった。
3ベットルーム、マスターベットルームはEn-Suit(ジャグジー)で、シャワールームもあり、部屋もリビングもキッチンも広い。
クッキー(うちの猫)が喜ぶ、小さいガーデンもある。
とにかくロンドンに居た頃には考えられない広さ。
さすが、この国の平均月収と同じ家賃だけはある。
ロンドンから下見に来た時に物件を見て決めたので、その頃はこの国の相場を知らなくて・・・。
それでもロンドンで払っていた家賃の65%ぐらいだから、安いと思っていた。
(相場を知っていたらもっと安いところにしたかも!?)

でも大家、この国の人典型の性格で、口だけ、プラスせっかちで人の話を聞かない。
何か頼むと「まかせておけ」と調子良く言ったまま、その後ウンともスンとも言ってこない・・・。
ガーデンの木が枯れてきているので庭師が来る予定なのだが、かれこれ1年誰も来ない。
切れたライトを変えてもらおうにも(スペシャルな形でどこに売っているのか知らない)、「OK」と言ったまま既に10ヶ月は過ぎた。
万事が万事その調子。もう、あきらめたけど。
どうせ私達の持ち家じゃないもの。

だから今回、本当に庭の工事が始まったのにはちょっとびっくり。
確かに半年前から「庭をどうこう・・・」と言ってはいたけれど、My彼と「住んでいる間に始まるかどうか賭けよう」って言っていたくらい本気にしていなかった。
でも始まり方が、またマルタ的でせっかち。
「今週末から工事があるから。うちに居て。」といきなり言われ、こちらの予定は聞かず。
みんな自分達の都合重視なのだ。
でも時間はやっぱり守らない。
昨日は夕方4時に来ると言うので間っていたら、来たのは5時すぎ。
今日(土曜日)も12時に来るっていうので、待っていて・・・・結局来たのは2時。
イギリスも物事が約束の時間に進まないので、イライラしたけれどこの国はもっとすごい。
でも、これも慣れた、と言うか諦めた。
時間通りに来たら、返ってびっくりしてしまうくらい。

他人の迷惑を考えるとか、時間を守るとか、そういう日本的なモラルがまったく通じない国。
郷に入れば郷に従え・・・じゃないけれど、ここで日本的モノサシを出してきても自分で自分を辛くするだけ。
イライラしたり「なんでそうなんだ?」なんて考えないで、事実だけ流していけばいいのだ・・・・。
こちらも適当に気楽にいい加減に(?)、やっていればいいのだ。
なんでそんなに物事をしっかりきっちりしないといけないのかが、反対に彼らにはわからないらしい。

一応ガーデンは3,4日で出来る予定。
って事は2週間はかかると見た。
早くクッキーがお外に行けるようになるといいんだけれど。
b0010048_21122785.jpg

[PR]
by saho1971 | 2004-09-25 21:33 | Life abroad

Pilates ピラティス

b0010048_2204982.jpg

立て続けの旅行、来客、そして怪我と手術とで、しばらく行っていなかったPilatesのクラスへ復活してきた。

PilatesはJoseph.H.Pilatesというドイツ人が確立したメソッド。
身体の芯(core)と、筋力を整えて強化するヨガのような運動だ。
正しい呼吸法が大切で、身体を痛める事なくゆがみを整える。
マドンナやサラ・ジェシカ・パーカー等のセレブもやっていると、一時期ちょっと話題になった。

私が始めたのはこの国に来てからだから、かれこれ1年半前。
完全にHooked、はまった・・・。
動きは穏やかで一見簡単そうなんだけど、結構きつい。
身体全体の筋肉が伸びる感じで、しなやかな身体が作れそう。
姿勢の悪さと身体のゆがみが気になっているので、それを意識する時間が持てるのもいい。
適度にストレッチもありリラックス効果があるのか、レッスン後は頭も身体もスッキリ。
気が向くとYogaのクラスも出るけれど、Pilatesの方が私にはあっているみたい。

インストラクターはイギリス人女性。
ガリガリに細くなく、筋肉が適度について引き締まっている理想的な身体。
フレキシブルでしなやかだ。
マット、ウェイトとボールを使うクラスがある。
ボールは3次元的で、普段の生活で使わない筋肉を意識するので面白い。
クラスは週に2回だけれど、出来るだけヨガマットを使って家でもするようにしている。

それにしても、しばらくやっていなかったので衰えが・・・。
あぅあぅ・・・今日はちょっと筋肉痛っぽい。
ジムには行っているのに・・・。使う筋肉が違うみたいだ。
弾かないと指が動かなくなるピアノと同じ。
人間って使わないとすぐ筋肉衰えちゃうんだなぁ・・・。

でも日本ではダイエット効果をうたっているみたいだけど、Pilatesだけじゃ痩せない・・・。
[PR]
by saho1971 | 2004-09-24 02:24 | Beauty

「華氏911」

マイケル・ムーアは社会派監督?

やっと見てきました「Fahrenheit 9/11」!!
さっそくtuscanycafeさんにTバックです。

前作の
Bowling for Columbineはショッキングだった。
それまであまりドキュメンタリー映画を見た事がなかったし、マイケル・ムーアも名前ぐらいしか知らなかった。
すごい面白い事をやる人がいるなぁ~とびっくりした。
まさしく体当たりの取材にこっちがハラハラしたり、知らなかった事を教えられたり、考えさせられたり、大爆笑させられたり、まさしくエモーショナル ジェットコースター。
とってもとっても濃い2時間だった。

もちろん「華氏911」も期待して見た。
やっぱり面白い、マイケル・ムーア。
「Bowling....」との違いは体当たり取材があまりない・・・と言うか、ほとんどない。
みんな警戒しているんだろうなぁ。下手な事言ったら、何にどう使われるかわからないものねぇ。
見る前に色々なところで読みすぎてしまった事もあって、インパクトは「Bowling...」ほどなかった。既に知っている事が多かったし。
でもアメリカには実際アメリカ以外の事をなーんにも知らない人達がマジョリティーで・・・。
そういう人達が見るのは、偏った大手TV局のニュース、それと「God bless America!」のハリウッド映画ばかりだったり・・・。
私も含めてそういう人達がこの映画を見て、少しでも何かを感じて考える事、これが大切なのかも。
世の中に疑問を持って変える為に「何かやらなきゃ」と思っても思うだけの場合が多いけれど、実際にこうやって行動して世間に疑問をなげかけている彼は、やっぱりすごいな~と思う。

それにしてもカンヌでさらに有名になってしまったマイケル・ムーア、この先どうやってどんな映画を撮って行くんだろう。
[PR]
by saho1971 | 2004-09-23 01:31 | Movies & Books

EMMANUELLE BEART (女優編)

数いる好きな女優の中でも最も好きで憧れる女優さん。
Emmanuelle Beart
Seductiveな目、口角の上がったTemptingな口、glamourousなカラダ、全てがセクシー!!

b0010048_05453100.jpg

私の好きな女の条件は、まず見かけが美しい事。
細いモデル系よりも、断然肉感的官能的な人が好き。
雰囲気はイノセント、でもうちに秘めた情熱を感じる人。
「昼は淑女で夜は娼婦」のオトコを惑わす魔性系。
ニコニコ笑うかわいい子よりも、ちょっとクールな雰囲気の美人。
型にはまった優等生よりも、不良っぽく粋なのがいい。
間違ってもオトコに尽くしたりしない。尽くされることは山ほどあっても。
でも甘えられる人、計算せずに。
そして姿勢と動きの美しい人。ダンスをやっていればなお良し。


Emmanuelle Beartの映画は何度見ても「女とはこうあるべきっ!」と教えられる気がする。

はぁ・・・美しい。

彼女を大々的に特集した号のELLE FRANCEは、私の大切な保存版。
美しい写真と共に、彼女の美容への姿勢やフィロソフィーなども載っている。
女らしさ低下時にパラパラ見ては、美のエネルギーを補給している。

b0010048_0582634.jpg

[PR]
by saho1971 | 2004-09-22 01:25 | People

9月20日、本日のディナー

b0010048_695769.jpg


生春巻き(えびとチキン入り)、モッツァレラとルコッタと生ハムのパスタ、ムール貝、ダックとサラダのマッシュポテトびき(プラムソース)、ザーサイとカニ入りチャーハン、白ワイン。

めちゃめちゃおいしかったぁ~~。
その辺のレストランなんかよりもよっぽどおいしいかった。天国。
もちろん、作っていただいたのだけど。
う~ん、「本当においしい物が作れるのって、すごくいいなぁ~」とつくづく思った。
手早くおいしい物が出来てくるのって、ARTだ。
心入れ替えて料理に挑戦かなぁ・・・。

極めつけはデザート。
The 杏仁豆腐!!
b0010048_619163.jpg


あぁ、至福の時間・・・。
ベジタリアンになんて、今世では絶対なれない。
[PR]
by saho1971 | 2004-09-21 06:20 | Foods&Cooking

スコール、フェリーの旅

昨日、今日とスコールのような雨が降ったり止んだりしている。
急に気温も涼しくなった。これがマルタの秋らしい。
写真では分かりにくいけれど、「バケツをひっくり返したような」とはこのような雨のことで、傘なんてあってもなくても同じ。
雨水はひたすら川と化した道を流れて、高いところから海へ落ちていく。圧巻。
しょっちゅう雨が降るわけじゃないから、水はけなんて全然考えていないらしい。

友達は朝5時に起きて7時のフェリーでシチリアへと渡って行った。
海、荒れてただろうなぁ。

私が前回シチリアへフェリーで行ったのは7月の終わり。My彼とMy彼の弟クンと3人で。
お天気が悪くて海は大荒れで、船内はすごかった。
物は倒れるは、船の揺れで身体は椅子から浮かぶはで、まずそれが恐ろしかった。
90分、ジェットコースターの旅。
さらにもっとびっくりしたのは、船酔いってあんなになっちゃうんだって事。
いや~、まさしく「地獄絵」のようだった、ホントにホント。
どうだったかなんて、そんな事凄すぎてここにはとても書けない・・・。
私とMy彼、My彼の弟クンはどうにか大丈夫だったけれど、それでも3人とも相当参った。
私は90分間目をひたすらギューっとつぶって「神様ごめんなさい~~~」と思い続けた。
で、「もう2度と、2度と、2度とフェリーになんて乗らない!!」と誓いました。

あぁ、今考えてもあれはすごかったと思う。
でも船酔いも慣れらしく、働いている人達は全員余裕で大丈夫そうだった。
だとしても、慣れたくないかも。あの状態で仕事はしたくない、出来ない。

あれ以来「地中海豪華客船の旅」なんていうのにも憧れなくなった。
この国のハーバーにはよく巨大な客船が泊まっているけれど、「あそこで船酔いしたら嫌だな~」ってそんな事ばかり思うようになってしまった。
b0010048_835080.jpg

[PR]
by saho1971 | 2004-09-20 08:07 | Mediterranean