カテゴリ:Football( 3 )

サッカー観戦のためパブへ

昨晩はフットボールの「デンマークvsイングランド」のフレンドリーマッチがあったので、デンマーク軍団と共にパブで観戦。
”フレンドリー“って、なんだか「みんなで仲良くフレンドリーにやりましょうー。たらん、たらん♪」っていうイメージがあって、どうも笑ってしまうんだけど。

昨日は4対1でデンマークの勝ち。
ゴールのたびに立ち上がって、喜ぶデンマーク軍団。
みんなデカイんだから立ったら他の人達が画面見えないって・・・。
フレンドリー試合とは言え、デンマーク軍団は朝までご機嫌で飲んでいた模様。
ほんと、この人たちにとってフットボールって宗教みたいなもんなんだといつも思う。
入れ込み方が違うって言うか・・・。

でも、次回ワールドカップ行きを決めた日本と違って、デンマークは危ないそう。
っていうか、いけなさそう・・・。
彼の仕事にも関係しているので、デンマークがワールドカップに行けないのは結構切実な問題なんだけど。
私もトマソン(デンマークの選手。主将。今年はイタリアリーグからドイツリーグへ行った。)を見たいし、デンマークもワールドカップに行けるといいんだけどなぁ。
b0010048_20165934.jpg

(お、画面に映っているのはイングランド主将ベッカムだ)
[PR]
by saho1971 | 2005-08-18 20:18 | Football

サッカーワールドカップ予選を見に行く

b0010048_25231.jpg

b0010048_210278.jpg


土曜日の夜はFIFA WORLDCUP 2006 QualifierMalta VS Sweden戦をDans2人、Swede1人とナショナルスタジアムに見に行った。
チケット1200円也。この国側の応援スタンドに座れば女性は半額だったけれど、私達はスウェーデン側へ。

かなりの数のスウェーデン人が応援に来ていた。現地の人の応援よりも多いくらい。
現在この国では大手建設会社が工事をしているらしいのでそこの住んでいる家族連れ、それからわざわざこのゲームの為にホリデーに来た人達みたいだ。みんな黄色と青のスウェーデンカラーの服を着て応援。ブロンド&日焼け率がめちゃめちゃ高かった。

私はスウェディッシュプレイヤーで知っているのはイングランド プレミアリーグのArsenalにいるFredrik Ljungberg(ユンバーグと読む)ぐらい。
以前は髪を一部赤く染めて派手で大活躍もしていたので、私が最初に覚えたArsenalプレイヤーの1人。なぜか彼の家も知っている。ロンドンのSwiss cottageとBelsizeparkの間にある高級住宅街のでっかいおうちに住んでいる。
いつも思うんだけど、フットボーラーって何処にいるんでしょう、普段。
Michael Owenみたいに幼馴染の彼女としっかり落ち着いちゃっている人もいるけどマレだろう。あれだけお金と名声があれば群がる女の子達には困らない。
HampsteadでArsenalのプレイヤーが彼女らしき人と歩いているのを見た事があるけれど、彼女はモデルのようなスタイルの超美人で上から下まで一目で分かるエルメスだった。
友達の会社にやっぱりArsenlのプレイヤーの彼女って人がいたらしいけれど、家はMaidavale、通勤は高級オープンカー。暇つぶしの為に会社に来ていたらしい。

この国のプレイヤーに比べてスエディッシュプレイヤー達は断然背が高い。それよりもスピードが全然違う。あららら・・・と思っているうちにあっという間に最初の10分で2点入ってしまった。
なんだかプロとアマチュアのゲームみたいだ・・・。
この国は人口40万人。一応フットボールチームがそれぞれの街にあるとは言え、村のチームと変わらないレベルだもの。仕方がない。

下が最終スコア。野球じゃありません・・・。
b0010048_2105644.jpg

[PR]
by saho1971 | 2004-09-06 02:53 | Football

England Premier League 始まる

b0010048_130833.jpg


England Premier League が始まった。
何ってフットボール (サッカー)。またそんな季節なのね・・・。
ヨーロッパや南米ではフットボールはほとんど宗教。
Boys(時にGirlsも)は物心つく8,9歳ごろから一つのチームを何十年も”サポート”します。
My彼のサポーティングチームは Aston Villa FC 。かれこれサポート歴20年。
ちなみにイギリスのウイリアム王子もVillaサポーターらしい。

大体イギリス以外の国の人は自分の国とイギリスのチームをサポートするみたいで。
My彼ももちろん自国のリーグにもサポートチームがある。
でもね、シーズンが始まっちゃうと土曜日は大変。あ、あと水曜日もだったかな。
チームの勝ち負けで一喜一憂。ゲームのある土曜日午後はどこにも行けない。
パートナーがフットボールに夢中なFootball Widow(サッカー未亡人)と呼ばれる女性がイギリスには沢山いるわけです。
そもそもBoysは一年の出来事を「あぁ、XXXが優勝したシーズンね」って覚えてるもの。
その辺りはイギリス人作家
Nick Hornby原作の映画 “Fever Pitch”にうまく描かれている。
Hornbyは"About a boy"の原作者でもあります。

私はというと、フットボールはあまりわからず。今だオフサイドが理解できない。
LondonではHighbury&Islingtonとい
Arsenalスタジアムの近くに住んでいたので、
どっちかと言うとArsenalが好き??と言う程度。優勝パレードなども見たけど。
(上出の“Fever Pitch”は熱烈Arsenalサポーターが主人公。)

でもMy彼の仕事の関係上、だんだん見るようになりつつある。
現在住んでいる国は自国のフットボールチームは超×100弱小。
よってご近所のイタリアとイギリスのフットボールをフォローしているらしい。
私達もイギリスチャンネルはもちろんイタリアやフランスのチャンネルで見たりします。
イタリア語もフランス語もフットボール用語ばかり覚えてしまう・・・。
イタリアリーグはいい男が多いしねー。
ま、その辺はまたあらためて書くことに・・・。

ちなみに今日はVillaがSouthamptonに2-0で勝った。
My彼はご機嫌でラザニアを作ってくれている。

写真は今日のCookie。暑いので壁にぴたーと、伸びてます。ちょっとぼけてます。
[PR]
by saho1971 | 2004-08-15 01:43 | Football