カテゴリ:Travel( 5 )

フェリーに乗って・・・

先週は仕事でお隣のゴゾ島へ行ってきた。
マルタ本島の先端からフェリーで25分。約6キロ。
人口2万人ちょっとのちいさ~な、しずか~な島。
マルタ本島に比べて緑が多い。土があって水も出るんだそう。
でもまだ夏が終わったばかりで島はほとんど茶色。
これから冬にかけてだんだん緑が増えてくる。

こちらはゴゾ島の港、チェルケイワ。
2船泊まっているのが、マルタとゴゾ間を行き来するフェリー。
b0010048_18344527.jpg

そしてこちらはゴゾからの眺め。
手前が無人島、コミノ。
映画「トロイ」や「モンテクリスト伯」などが撮影された場所。
船が泊まっているあたりは、水がエメラルドグリーンに見えてとても美しい。
奥に見えるのがマルタ本島。
b0010048_1835756.jpg

1日がかりだから、「遠出」をした気分になる。
[PR]
by saho1971 | 2005-10-10 18:39 | Travel

エジプト、続き

ピラミッドはカイロ周辺にいくつかあって、今回はギザ以外にサッカーラなども行ってきました。
カイロの外はガイドを使って車でまわったので、タクシードライバーとのやりとりもなく楽ちん。
エジプトはツアーに参加したり車やガイドをチャーターする方が、値段交渉やら余計な心配がなくていいのかも。
歴史をはじめ色々とガイドさんが説明してくれたので、かなり詳しくわかっておもしろかった。
カイロの外に出ると、もういきなりロバやラクダを普通にみんなが使っている世界。
土で作ってある家なども多くあって。(雨が降らないからそれで平気なんだそう)
有名な観光地はあるけれど、それらはまったく庶民の生活には関係ないみたい・・・。

サッカーラの階段ピラミッド。
b0010048_6445735.jpg
それからメンフィスも。
メンフィスで見つかったラムセス2世。
巨大です。
こんなのが出てきちゃうのが、すごいよなぁ~エジプト!!
b0010048_6452430.jpg


帰りにはしっかりカーペット屋(スクール)とパピルス屋に連れていかれた・・・。
カーペットは「カーペットスクール」で、子供達が習って作っているんだそう。
10歳くらいからはじめるんだそうで、サッカーラ周辺に沢山ある。
子供達、私達が入っていった途端に突然作業を始める。
「先生」っていう人は、どう見ても先生に見えない・・・。店のオーナーだろうか。
そして2階がカーペット屋。
しかし、カーペットに嫌な思い出があるMy彼はまったく興味も示さず見もしない。
(前日の記事をご参照ください・・・)
カーペット屋はさっさと出てくる。
外にヤギやら沢山いたので写真を撮ると、近くにいた女性がタタタ・・と走ってきて「バクシーシくれ!」っとジェスチャー。小銭をあげる。
(写真を取っても何をしても「お金くれ」って言われるので、実は結構今回の旅は写真が少ない・・・。)

パピルスはもともと記念に欲しかったので、買いました。
本物にちゃんとアーティストがエジプトの神々の絵を描いたもの。
イスラーム圏では結婚前の男女が旅行したりなんてありえないのか、どこへ行っても「夫婦」や「ハネムーン」だと思われていた私達。
パピルス屋さんの女の子には盛んに「この絵は愛と結婚を表すのよ!!これにしなさい!ハネムーンの記念に最高よ!!」と、かなりお値段のお高い大きな物を強引に勧められたけれど。
(そんな高くて大きなパピルスなんて、どうしろって言うの?第一持って帰れません・・・。)

ギザのピラミッドとスフィンクスの「光と音のショー」へも行った。
ライトアップされるピラミッドとスフィンクスはとても不思議で印象的な光景。
丁度、アラビアンムーンの細い三日月が横に出ていて、神秘的だった。
(写真はぼけて、月が太いけれど・・・)
b0010048_6501451.jpg

[PR]
by saho1971 | 2005-03-17 06:54 | Travel

考古学博物館、そして、いざ、ピラミッドへ!!!

b0010048_2445840.jpg
さて、一度は見たいピラミッド、という事で4泊5日(というか5泊5日)でカイロに行ってきました。
エジプト、アフリカ大陸上陸は初めて。
イスラームの国は、去年行ったトルコ以来エジプトで2国目。
マルタからはAir Maltaで直行2時間50分。

夜到着して、ナイルを見た時はなかなか感動だった。
カイロはとにかく「でかい」。混沌としている!!
車の量がすごい。(そして、ぼろい)
決して信号で止まらない。道を渡るのも命がけ。
とにかく人々が「生きている」っていう感じ。

まだそれほど暑くなく夜は寒いくらいで気温的には最高だった。
なんでも前の日に地下鉄も止まる大雨が降ったらしく、それほど誇りっぽくもなくて。

初日午後にはまず「考古学博物館」へ。
博物館の中は所狭しと物が無造作に置かれている。
大英博物館やルーブルなんかにもいっぱいあるのに、これだけまだあるんだものね。
エジプト、すごい。
ツタンカーメンのマスクもご対面!!
キラキラだ~~。一緒に出来て来た物も美しいものばかり。
こんなの発見しちゃったら、そりゃうれしかっただろうなぁ。

昔は良かったらしいけれど、今は博物館内は完全に写真撮影禁止。
カメラは入る前に預けないといけない。

それにエジプトは物価は安いけれど、観光地入場料は普通のヨーロッパ料金。
「考古学博物館」ではさらにミイラ室もは別料金。

まぁ、一度はミイラも見ないと、と思って入ってみたら・・・・。
なぁ~んと、途端に吉村作治さんがいるではないかっ!!!
本物!テレビの撮影をしていた。
吉村さんは、もうかれこれ15年以上前に学校に講演に来てくださったことがある。
エジプト文明にその頃から憧れていた私にはとても印象的なお話で、今でも覚えている。
「エジプト行ったら吉村さん、いるかなぁ」なんて冗談で言っていたので、本当に、それも初日にいらしてびっくり!!
撮影の合間に話かけちゃった♪
「ずっと憧れていて、初めてきたんです~~」って言ったら「そう。よかったですねぇ。」って。(笑)(それ以外言いようがないですね・・・)
これで、いきなり一気に「エジプト気分」が盛り上がる。(笑)

次の日はピラミッド&スフィンクスへ。
いや~~~、テレビやら何やらで散々見ているピラミッドとスフィンクスだけど・・・。
やっぱりさすがに本物はすごい!!!
でっか~~~い。こんなの作っちゃったなんて、すごすぎる。
かつては化粧石でキラキラ太陽に光っていたそう。
真ん中のピラミッドにはまだ上の方に残っていて、それが太陽に輝いてすごく綺麗だった。
ピラミッドパワーをたっぷりともらってきました。

しかし・・・・タクシーの運転手はやっぱりラクダ乗り場に直行するし、ギザのマーケットに連れて行こうとするし、ラクダ勧誘もすごいし、物売りもすごいし・・・・。
なんというか・・・・。エジプト人、ピラミッドから搾取しすぎっ!
運転手、帰りも頼んでいたけれど、車が来てみれば隣に誰か乗っている。
「絶対2人がかりでマーケットに連れて行こうとするつもり」と思ったら、やっぱり。
散々「ギザマーケット行こう。5ミニッツ!5ミニッツ!!!」って10分以上も出発しない。
「ギザじゃなくてハン・ハリーリに行く」て言い張ってたら、隣に乗っていた人はぶつぶつ文句言いながら諦めて降りたけど・・・・。
でも運転手は最初の値段と違う値段言うし。

ひゃ~~、なんかもう、このすべてにおいての値段交渉をはじめ、「親切そうな人も信じられない」っていうのには、さすがに私もMy彼も毎日すっかり疲れてしまった・・・・。すごすぎる。
(My彼、値段交渉が大の苦手。昔色々な国をバックパッカーした時に、モロッコでカーペットを買わざるをえなくなった苦い経験あり。それもモロッコについたその日に。仕方なくカーペットを背負って、その後もバックパッカーを続けたらしい・・・・・笑)

だけど、そんなハッスルがあってもピラミッドとスフィンクスは見る価値ありっ!!!!
とにかく圧倒的。
スフィンクスは思ったより小さくてかわいかった。

カイロにはなぜかバナナ売りが沢山いた。
b0010048_321745.jpg


ライスが詰まっているピジョン(はと)。
ライスを入れて食べるモロヘイヤのスープや、ナイルクルーズで出たご飯やら、食べた物はすべておいしかった。
一応いつも「高級レストラン」へ行ったけれど、それでも2人で1400円くらい・・・。
(おなかも壊さず!鉄の胃袋!!)
グランドハイアットでは和食も食べた。
b0010048_254495.jpg

[PR]
by saho1971 | 2005-03-16 03:10 | Travel

ただいま

水曜日の夜から旅行に行っていて、今朝帰ってきました。
行き先は・・・・ジャジャン♪♪
b0010048_21222116.jpg


エジプト

ピラミッド見てきました。
[PR]
by saho1971 | 2005-03-14 21:23 | Travel

アルプス山脈上空(ドイツ)

飛行機からの眺めが大好きな私。
普段地上では見られない光景や不思議な色が見られて、幻想的な気持ちになる。
長距離では通路側の席を頼んで寝てしまうけれど、ヨーロッパ内だったら窓側に座る。

一番印象に残っているのはグランドキャニオンを空からみた時。
ボストン留学中に初めて日本へ帰国する時だった。
一面真っ赤で月のような(見たことないけど!)すごい光景が下に広がっていて、「一体どこなんだろう?」と思っていたら、キャプテンの「現在グランドキャニオン上空です」というアナウンスがあった。「グランドキャニオン!!その上を飛んでいるんだ!空から見えるんだ!!」と大感動した事を覚えている。(10代で感受性豊かだったのねぇ~)

初めて今住むこの国に来た時は、飛行機から「国全体」が見えてしまってびっくりした。
国土全部が飛行機から見えてしまう国って!小さ過ぎる・・・!!!

今回はアルプス山脈が綺麗に見えた。
どこまでも続く山並みが青と紫色で、ところどころ雪が残っていたり、高い山には雲がリングのようにかかっていたり・・・。
写真では分かりにくいけれど月も出ていて美しかった。
b0010048_4203113.jpg

[PR]
by saho1971 | 2004-11-01 22:03 | Travel