カテゴリ:People( 9 )

久々のテレビ登場

さっき久しぶりにテレビに後藤久美子さん登場。
いや~、相変わらず美しい~~。
ほんと綺麗。
日焼け肌(地黒?)も、ヨーロッパの上流階級っぽいしぃ。
それに彼女は美しいだけじゃなくて、クレバーだものねぇ。
久しぶりにテレビで久美子さんを見られて、日本に帰ってきて良かったわぁ。(笑)
ヴィンヤードのある南フランスの別荘も、素敵。
でも、レストランへ行ってフランス語でオーダーしてるからって、「さすが流暢なフランス語!」っていう軽いナレーターにはちょっと笑っちゃった・・・。
そりゃ、スイスとフランスに10年もいるんだしそのくらいしゃべれるでしょうよ!久美子さんならっ!!

同じ「久美子」でもセクシー度では断然武田久美子さんなのですが。

そうだ、そういえば中田の英語記者会見も見た。
彼にとってはイタリア語に次ぐ3ヶ国語目で、あんな風に大勢の記者を前に堂々とした態度で出来るのは、やっぱりすごいと思うんだけど。
発音とか文法云々ていうよりも、自分がしっかりあって言いたいこともあるから言葉がついてくるというか・・・。言葉はあくまでツールであり目的じゃないわけで、言うことがなかったら何語をやってもしゃべれないわけで・・・。
常に努力してるんだろうなぁ。
でもこれも、「中田全部英語!!」などと書いてある日本の記事には閉口・・・。
なんだかなぁ・・・。
日本のメディアの質ってどうも低いと思うんだけど?
単に私が低いレベルの記事を読んでるだけかしら?
[PR]
by saho1971 | 2005-08-22 00:00 | People

坂本龍一様 様 様・・・

前に矢野顕子さんの事を書いたけれど、教授こと坂本龍一様にもお会いした事がある。

矢野顕子さんのSOHOのライブハウスでライブがあった2日前だか2日後だかにホールでコンサートがあったのだ。(同じ時にロンドンに来ていたのは偶然!?)

このコンサートにも矢野さんのライブに一緒に行ったお友達と行った。
ボサノバのアルバムをリリースした時で、ボーカル、ギター、そしてピアノのトリオだった。

コンサート終了後にバーで飲んでいたら、よく行っていた和食レストランの奥さんにお会いして。
「あれ~?」なんて言ってたら、「今から、楽屋行くから来る?」って。
(そこは坂本さんを始め真田広之とか有名人も行く、隠れ家的レストランなのだ。)

思わぬ展開に「もちろん行きますっっ!!!いいのかしら??」と興奮と緊張で楽屋へ・・・。

で、ご本人とご対面したのでした。

はっきり言って大大大尊敬する方なので、緊張のあまり自分が何を言ったのか良く覚えていない・・・。
多分「昔から大好きなんです」とかなんとか、普通のファンが言う超普通な事を言ったんだと思う。
まさか、お会いできるチャンスがあるなんて思っていなかったから・・・。
わかっていたら、もっと気がきいた事を考えておいたのにっ!!(なんて)

しっかり一緒に写真を撮っていただいた。
その日は興奮してあまり良く眠れなかった。

本当に会いたいと思う人には、思い続けると会うチャンスがあるものなのですね。
今でもたまに写真を見て、「本当にお会いしたんだわ・・・」と確認したりしている。
[PR]
by saho1971 | 2004-11-19 06:39 | People

プロのポーカープレイヤー(友達編)

b0010048_34428.jpg
マット・デイモン主演の映画「Rounders」、観ましたか?
早い話がポーカー、ギャンブルのお話。
ジョン・マルコヴィッチ、エドワード・ノートン(好き!)など個性派も出ています。

今日はMy彼の友達カップルと会った。
ノルウェー人の彼とウクライナ人の彼女。
二人ともセミプロと言うか、ほとんどプロのポーカープレイヤーだ。
ポーカーって、あのトランプゲームのポーカー。

彼はノルウェーで法律の勉強をしていた時、たまたまポーカーの本を貰ったそう。
それを読んで夢中になって、更にこの映画を見てすっかり触発されてしまったんだそう。
それ以来ノルウェーで会員制のポーカーゲーム場を作ってプレイしたり(警察も会員だった!)、
何百冊というポーカーに関する本を読んだりしてスキルを磨いてきたそうだ。

ポーカー歴は約10年。
現在、普段はインターネット上のオンラインポーカーでプレイする事が多いそうだ。
オンラインでは一月に5,000ドル以上稼ぐ事はざら。
今月末には世界選手権のあるラスベガスへ行く予定。
これまでもヨーロッパやアメリカの選手権に参加経験あり。

彼女の方は最近大学の法律学科を卒業したばかり。
彼から教えてもらってオンラインでポーカーを始めて、かれこれ10ヶ月。まだまだビギナー。
それでも全くプレイしなかった1ヶ月を抜かした過去9ヶ月で、9,000ドル以上稼いだそう。
来年の目標は1年で40,000ドル。
プロとして目標は高く、だそう。

ルールさえ良くわからない私には、一体どうやったら「プロ」になれるのか不思議でしょうがない。
つまりお金を稼いで生活できれば「プロ」って事はわかるんだけど・・・。

彼によるとポーカーは運ではなくて、スキルと経験とペイシェント。
肉体と精神がどれだけフィット(良い状態)であるかが問題なんだそう。
それから、UpとDownがあるので銀行口座に一時失っても大丈夫なお金がある事。
生活費を費やす事は絶対にダメ。
うまく行かない時は1週間から3週間ぐらい、ポーカーを忘れてしまうまでプレイしない事。
あっという間に何千ドルも失う事もあるわけで、パニックにならなず冷静にロスを取り戻せる強い精神力が必要。これが一番大変らしい。

うーん、本当に世の中には色々な人がいるものだ。

彼女曰く、これからインターネットさえあれば世界のどこにいても稼ぐ事が出来る。
ポーカーを覚えた事によって独立と移動する自由を手に入れたって。
確かに・・・1年で40,000ドル稼げればそうだよね・・・。

でも小心者の私はつい「でも1年で40,000ドル失ったら??」と思ってしまうのだった・・。
[PR]
by saho1971 | 2004-11-07 04:28 | People

矢野顕子さん

「気になる人」と言うよりも、「尊敬する人」。
Exciteに矢野顕子さんのインタビューがあったので・・・。
2年半ぶりのアルバム「ホントの気持ち」のをリリースされたそう。

曲は昔からボストンで聴いたりしてたけど、ライブは2年前ロンドンにいた時にSOHOのライブハウスで聴いたのが初めてだった。
日本人の友達と2人で確か3日間の2日目に行ったはず。
ライブはとても良かった。オリジナリティー溢れる音楽と歌。個性的な声。
自分の世界があるな~って。好き嫌いともかく、本当のミュージシャンだと思う。

後日、友達が
ホームページにメールしたと言うのを聞き、私も出してみた。(メールって便利!)
ライブの感想と、自分も音楽をやっていたけれど色々あってしばらくピアノから遠ざかっていた事。でもまた面白さに目覚めて始めた事などを短く書いて。

そうしたら、しばらくしてご本人からお返事を頂いたのだ!!

その後ピアノをひくことを楽しんでらっしゃることと思います。
何か自分の中から出て来るものを表現できるというのは、一つの特権とも言える
とおもいます。ぜひこれからも続けてねー。
(抜粋)

今もたまに読み返して、「そうそう。音楽も人生も楽しもう!!」と思っている。
[PR]
by saho1971 | 2004-10-31 04:41 | People

お金持ちオーラ

昨日は知り合いのカップルと4人でディナーへ。
男性はボストンの出身のアメリカ人、女性はロンドン出身のイギリス人。
結婚はしていない。多分2人とも50才代だと思う。
私はボストンに5年とロンドンに8年、My彼はロンドンに6年住んでいたので共通話題も多い。
って、共通なのは住んだ街ぐらいかも・・・。
彼らはお金持ちなのだ。「お金持ちオーラ」がガンガンに出ている。

お金持ちの人ってオーラが違うのだ。

彼らはまず時間に余裕がある。
私達と同じジムに通っているけれど、昼間会う事が多い。
ジムで鍛えるだけじゃなくて、個人コーチでテニスを週3回ぐらいしたりしている。
彼女の方はその後、エステでケアして美容院で髪のセット。
2人共スポーツはジム、水泳、テニスの他、ゴルフや乗馬も毎週やる。
その他も習い事も沢山している。なんたって時間に余裕があるのだ。
フランス語、イタリア語、お料理・・・・。
お料理に関してはレストランで食べるのも作るのもお好きだそうで、キッチンはその辺のレストランよりも道具や材料がそろっているらしい。
週に1度は家にシェフを呼んで作らせるそうだ。
フラットのサロンは海がぐるっと見える全面ガラス張りで、インテリアはもちろん特別に作らせたもの。
いい家に住んでいるので、お金持ちは人を呼んでのホームパーティーが大好き。
車はBMWだけど、子供がいないので2シーターのスポーツカータイプ。
お金持ちはいつまでも若いのだ。

彼の方はいつもカジュアルなちょっとダサ服、でも時計はさりげなくダイア入りだったりする。
彼女の方は完璧なカラーリングとセットされた髪、あきらかにボトックスを定期的にしている顔。
お肌つやつや。みるからに「これぞハイメインテナンス」
太らないように気をつけているので、デザートは絶対食べない。

で、本当のお金持ちは一体何をしているのかわからない人達が多い。
彼らもそう。何の仕事なんだかさっぱりわからない。
世界中色々な国に住んだそうだけれど、全然何をしていたのかが見えない。
とりあえず、「今はTake it easy」だそうで、「余暇を楽しんでいる」って言うんだけど・・・。
もちろん今でも旅行はしょっちゅうする。

お金持ちってこうなんだよね~。
時間とお金に余裕のある人達は、色々な世界を知っているから話が楽しい。
行った事がない国や、経験した事がない事を聞くのは興味深い。

彼らの知識と経験とダイナミックなオーラを吸収したいものです。
[PR]
by saho1971 | 2004-10-10 19:54 | People

EMMANUELLE BEART (女優編)

数いる好きな女優の中でも最も好きで憧れる女優さん。
Emmanuelle Beart
Seductiveな目、口角の上がったTemptingな口、glamourousなカラダ、全てがセクシー!!

b0010048_05453100.jpg

私の好きな女の条件は、まず見かけが美しい事。
細いモデル系よりも、断然肉感的官能的な人が好き。
雰囲気はイノセント、でもうちに秘めた情熱を感じる人。
「昼は淑女で夜は娼婦」のオトコを惑わす魔性系。
ニコニコ笑うかわいい子よりも、ちょっとクールな雰囲気の美人。
型にはまった優等生よりも、不良っぽく粋なのがいい。
間違ってもオトコに尽くしたりしない。尽くされることは山ほどあっても。
でも甘えられる人、計算せずに。
そして姿勢と動きの美しい人。ダンスをやっていればなお良し。


Emmanuelle Beartの映画は何度見ても「女とはこうあるべきっ!」と教えられる気がする。

はぁ・・・美しい。

彼女を大々的に特集した号のELLE FRANCEは、私の大切な保存版。
美しい写真と共に、彼女の美容への姿勢やフィロソフィーなども載っている。
女らしさ低下時にパラパラ見ては、美のエネルギーを補給している。

b0010048_0582634.jpg

[PR]
by saho1971 | 2004-09-22 01:25 | People

Manolo Blahnik (会えてうれしかった人 その1)

b0010048_20421269.gif
セルジオ・ロッシ、プラダ、ミュウミュウ、シャネル、マーク・ジェイコブ、ヴィトン、ルブタン、ドルチェ・ガッバーナetc,etc…
有名無名を問わずとにかく靴大好き!!!!!な私。
ロンドンから引っ越してくるにあたって泣く泣く半分近くに減らしたが、それでもまだ相当数持っている。
数ある「お気に入りの靴たち」の中でも特に別格なのは言わずと知れたMANOLO BLAHNIK

彼のデザインする靴は靴というよりは宝石のよう。
勿体無くて履けない(笑)


サラ・ジェシカ・パーカーぐらいになると何百足も持っていて、いつも履いているらしいけれど。Shallowと言われようと、本気でうやらましい・・・。

去年、ロンドンのDesign Museumで彼のエキシビジョンが行われたけれど、その時ラッキーにもご本人にお会いするチャンスに恵まれた。
いやはや、緊張しました。
実物のBlahnik様はあたりまえだけどとってもお洒落だった。上質のスーツに素敵なタイ。顔もつやつや。エレガントだった。
気難しいという噂も聞いていたけれど、ご機嫌が良かったのかとってもフレンドリーで「日本は僕の第3の母国だよ。I LOVE JAPAN!」とリップサービスもしてくれて。
名前入りでサインして頂いたドローイング(デザイン画)の本は大切に大切に持っている。

エキシビジョンは彼の1作目から最新のデザインまでの靴とドローイングが飾られていて、「Sex and the city」で彼の靴が出てくるシーンを集めたフィルムが流れていた。
山ほどの「Manolo」と「SATC」・・・・これこそまさしくHEAVEN・・・・。

以前VOGUE NIPPONで浜崎あゆみの靴クレクションの写真があったけれど、あれもかなり本気でうらやましかった。

あ、それからバックも大好きです。物欲の塊。
[PR]
by saho1971 | 2004-09-06 21:02 | People

PARIS HILTON

b0010048_2115923.jpg

このところ、ますますミーハー度が増している私。
一番私のミーハー魂を刺激するのはELLE UKの9月号の表紙になっていたパリス・ヒルトン
普通ファッション雑誌の9月号ってその時最もポピュラーだったり話題のセレブがなるもの。
ちなみにVOGUE UKの表紙はケイト・モスだった。で、パリスを選ぶのがVOGUEよりも庶民的なELLEって気もするけれど、世間じゃ彼女ってそこまでメジャーなんだってちょっと驚いた。
例のビデオ流出事件依頼、メジャーセレブに成り上がったみたいだ。

パリスは言わずと知れた
Hilton Hotel一族。81年生まれ。超お嬢様。
サマンサタバサのデザイナーもするらしい妹のニッキーと共にsocialites「Hilton Sisters」として有名。
パーティー&ファッション大好きのお金持ちのお馬鹿な女の子を絵に描いたような二人。
パリスのテープ流出事件や、ニッキーも電撃テキーラ酔っ払い結婚と、タブロイドと
E-Channelが大喜びする話題を提供し続けている。
パリスは
GUESS?のモデルにもなって、二コール・リッチー(ライオネル・リッチーの娘)と田舎暮らしに挑戦する「The Simple Life」というTVプログラムにも出ている。
勢いに乗ってなのか、自分で書いたとは思えない本「Confessions of an Heiress」(大財産の相続人とはどうあるべきかのアドバイスらしい・・・)も出版して、レコードデビューもするらしい。

まず$30million相続する'Heiress'っていうのが、なんと言ってもそれだけで気になる。
まさしく銀のスプーンを持って生まれてきた赤ちゃん。そういうのってどう言うことなんだろう?
そんな人、自分に関係ないけど気になるのが人情。
ウォルドフホテルで育って、一室は全部靴とお洋服、世界中どこにでも家があって・・・なんて、まったくLife is anfair。あまりに想像できなくてFascinating。
ルックスも正しいアメリカン的金髪青い目(写真はいつも流し目)、細い体に長い脚のモデル系ルックス(最近胸もちょっと大きくしたし・・・)。
すごく美人ではないけれど花があるし、どこか自堕落でフラジャイルな危なっかしさも気になる。
頭が良くなくても、最終的に彼女に「でもアタシ、超お金持ちだもーん」って言われたら誰も何も言えない。やっぱりこの辺が彼女の魅力っていうか、なんというか・・・気になるところなんだろうなぁ。
ところで・・・「ミーハー」って死語ですか??
[PR]
by saho1971 | 2004-09-01 02:20 | People

ブラッド・ピット目撃話 ショーン・ビーンも

b0010048_204227.jpg


昨晩のディナーは某和食レストランの厨房で働いているKさんとMy彼と3人で中華へ。
5★ホテルに入っているレストランだ。初めて行ったけれどなかなかでした。

で、なぜかブラッド・ピットの話になって。
彼は去年 映画 の撮影の為に2ヶ月この国に滞在していたんですね。
滞在場所はいろいろな噂があるけれど、どうやらヴィラを借りていたみたい。
奥さんのジェニファー・アニストンも来たり。

2ヶ月の間にブラピは5回、Kさんのいるレストランに来たそう。
そういえば、ブラピもジェニファーも和食大好きって話だ。
ブラピは大抵「牛肉巻き」を食べたそうです。もちろんKさんが作った。
そういえば前、Eチャンネルで「ブラッド・ピッドの行くレストラン」っていうのをやっていて、
LAの和食レストランが出ていた。そこでも「牛肉巻き」食べるって言っていたぞ。
レストランに来る時はいつもマネージャーとパーソナルトレーナーが一緒だったらしい。
この映画の為に相当鍛え直したらしいブラピ。筋肉作るにはたんぱく質でしょうか?
ジェニファーは全然食べないそう。
これはEでも「ジェニファーはあまり食べないですね」って言っていた。
Kさん曰く「やっぱりブラピはスターオーラが出ていたよ」って。
その時ウエイトレスをしてた女の子は彼が使った割り箸を持って帰ったそうです。
ちなみに彼の食べた「牛肉巻き」は「ブラピ巻き」と名前が変わったって。そんな・・・。
レストランには他にも映画に出た人達が沢山来たそう。

私はといえば、ブラピとはニアミス(!)が1回。
この国の誰もが知っているサルサバーでスカンジナビアン軍団と飲んでいた時のこと。
3時間近く外バーで飲んだ後、飽きたので室内の踊れる所へ私とMy彼だけ移動した。
でもそこも混みすぎで10分もたたないで出てきたら・・・。
現地の女の子が興奮状態。何かと思ったら「ブラット・ピットが来たのーーー!!!!」だって。
・・・って、私達、10分も中にいなかったんですけど?今まで何時間も外に居たのに?
なんでニアミスになるかなぁー。まぁ、別にファンてわけじゃないからいいんだけどね。
でもちょっと見たかった・・・・かも・・・やっぱり。

ブラピは見なかったけど ショーン・ビーンはヒルトンで一人でお茶していたらいた。
彼は「ロード オブ ザ リング」(ボロミア役)にも出ている渋いいい男。
「どうも見た事がある人がいる。知ってるよなぁ。誰だっけなぁ。何処で会ったかなぁ。」
ってずーーと考えながら、じーーと見ていたらそのうち彼も私に気がついて。
彼もたまにこっちを見るから「やっぱり知り合いだわ」ってますますジーと見て・・・。
しばらくたって「あ、なんだ。ボロミアだ。」って気がつきました。
そりゃ、私は知っているわけだわ。てへへ・・・。
なんだー、じゃ、彼がこっちを見ているって思ったのも気のせい??
でも、実物もいい男だった。だから不思議だったのよね。
なんであんないい男に何処で会ったか忘れるんだろうって。

実は有名人、スポーツ選手が良く訪れるこの国。
ベッカムの友達フットボーラーが道で携帯で話していたとかもあります。
興味があればセレブウォッチングが楽しいところなのかも。

写真は映画の撮影にも使われた無人島。右の黒い洞穴、あの辺りが出ていました。
[PR]
by saho1971 | 2004-08-17 19:48 | People